/

この記事は会員限定です

農林中金、JAへの利払い圧縮へ 四半世紀ぶり改革

[有料会員限定]

農林中央金庫は2019年春にも、農協などのJAバンクから受け入れている預金金利を引き下げる。預金が約60兆円規模まで拡大し、この傾向が続けば利払いが難しくなると判断した。これにあわせて利払いのしくみを四半世紀ぶりに大幅に見直す。農中などに頼っていた農協が収益悪化で経営努力を求められ、再編が加速する可能性がある。

農協は組合員などから集めた貯金を信用農業協同組合連合会(信連)や農中に、信連は集めた資...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り389文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン