/

この記事は会員限定です

アステラス純利益3割増 今期、がん治療薬けん引

主力薬特許切れ 課題

[有料会員限定]

アステラス製薬は26日、2019年3月期の連結純利益(国際会計基準)が前期比29%増の2130億円になりそうだと発表した。前立腺がん治療薬がけん引して17年3月期の最高益(2187億円)に迫る水準となる。ただ19年以降に相次ぎ特許切れを迎える主力薬の穴を埋められるか否かが、中期的な課題になっている。

「決算の最大の注目点だった『イクスタンジ』で一定の成長を確認できた」。国内証券のアナリストはこう評価する。

イクス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り791文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン