2018年9月20日(木)

地域経済を「見える化」する(5) 域内の優位なモノ磨く
中村良平 岡山大学特任教授

やさしい経済学
コラム(経済・政治)
2018/5/2 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 地域内で経済が循環するための必要条件として、域内に立地する企業や居住する消費者など経済主体間の「つながり」が挙げられます。このつながりの程度を間接的に判断する指標として、「経済基盤乗数」があります。これは地域の移出産業に対する非移出産業の割合から求める数値で、雇用波及効果の大きさを表すものです。

 日本全体でのモノやマネーの大きな経済循環に比べて、市町村レベルではもっと身近な、小さな循環を考えるこ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

秋割実施中!日経Wプランが12月末までお得!

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報