/

19年春の新卒求人倍率、1.88倍 7年連続上昇

企業の学生囲い込み競争は激化している

リクルートホールディングス傘下のリクルートワークス研究所(東京・中央)が26日発表した2019年春卒業予定の大学生の求人倍率は1.88倍と前年より0.1ポイント上昇した。7年連続の上昇。民間企業の求人総数が81万3500人と、前年から5万8000人増えたのに対して、民間企業への就職を希望する学生は43万2000人で微増だった。学生優位の売り手市場を裏付けた。

企業規模別に見ると、従業員数が5000人以上の企業では求人総数が5.1%増の5万1400人だったのに対し、就職希望者は13万8000人で11.8%増加した。求人倍率は0.02ポイント低い0.37倍だった。

就活生の大手志向を受けて、中小企業の採用は一段と苦しくなっている。300人未満の中小企業では求人数が8.8%増と大幅に高まったが、就職希望者は29.2%減り、求人倍率は3.46ポイント上昇の9.91倍。リーマン・ショックの影響が表れる直前で、比較可能な10年春卒(8.43倍)を上回る、過去最高の水準だ。

同日、記者会見したリクルートワークス研究所の古屋星斗研究員は「大手に入社した先輩の実績を見て期待を高める学生が増えている」としたうえで、「大手企業だけが買い手市場になっている」と分析する。

業種別では流通業が前年から1.25ポイント上昇の12.57倍、建設業は0.14ポイント上昇の9.55倍だった。建設は東京五輪や都市開発で需要が高まる一方で、技能をもつ人材の採用に苦戦している。

古屋氏は「労働環境に対する学生の意識が高まり、業種ごとの倍率の差が大きい」と見方を示した。

金融業の求人総数は1万900人と前年と横ばい。銀行の採用抑制分は保険業界の営業職の採用増で相殺された。ただ金融を希望する学生は9.8%減った。フィンテックやRPAの活用により、銀行などの業態は転換期に差しかかっており「もともと安定志向の学生が集まる業界だったが、そういった学生が別の業界に流れている」(古屋氏)という。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

就活

新型コロナウイルス感染拡大がやまない中でも就職活動に励む学生、採用する側の企業は、ともにオンラインと対面を駆使しより良い出会いを求めます。就活に役立つニュースや、様々な疑問に答える『就活探偵団』などの読み物を掲載します。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン