2018年11月21日(水)

新入社員、プライベート優先も高収入期待 貪欲さ高まる
マイナビ調査、売り手市場を反映

就活
2018/4/26 14:55
保存
共有
印刷
その他

「仕事よりプライベートを優先したいが、収入も高めに」――。就職情報大手のマイナビ(東京・千代田)が今春の新入社員を対象に実施した調査でこんな意識が明らかになった。30歳時点での理想の年収を「600万円以上」と回答した割合は42.9%と前年調査より15.9ポイント上昇した。「仕事よりプライベートを優先したい」との回答も過去最高の63.2%を占めた。

30歳時点での理想の年収について最も多い回答は「500万円台」で22.4%だった。前年は「400万円台」が最も多かった。「1000万円台以上」という答えも7.9%と前年より3.1ポイント上昇した。

出世意欲について聞いたところ、「出世したい」「どちらかといえば出世したい」の合計が91.9%となった。最近は減少傾向だったが、増加に転じた。マイナビの担当者は「売り手市場を背景に、自ら会社を選んだと考えている新入社員が多い。ワークライフバランスを重視しつつ、出世や高収入への期待も大きい」と指摘する。

仕事についても全体に前向きだ。社会人生活への期待としては「期待している」という答えが74.1%と前年より6.1ポイント上昇した。「仕事を通じてかなえたい夢がある」は71.8%で前年調査から4.5ポイント上昇した。

マイナビが開いた新入社員向け研修に参加した2639人を対象として、3月29日から4月6日に調査した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報