SIIが腕時計型バイタルセンサー、電池で1年駆動

2018/4/26 18:00
保存
共有
印刷
その他

セイコーインスツル(SII)は、腕時計型のバイタルセンサーを開発し、今春より販売を始める。新製品は戸田建設とアイテック阪急阪神の企画・設計の下、SIIが開発し製造する。

体表面温度センサー、パルスセンサー、加速度センサーと、サブGHz(920MHz)帯の無線モジュールを内蔵している。使用者の体温や心拍などの生体情報を無線で発信できる。サブGHz通信の採用で、長い通信距離と高い透過性能を確保したと…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]