/

米AT&T純利益34%増 1~3月、減税効果で

【ニューヨーク=清水石珠実】米通信大手AT&Tが25日発表した2018年1~3月期決算は、純利益が前年同期比34%増の46億6200万ドル(約5100億円)となった。トランプ政権による法人税減税が大幅増益につながった。だが売上高は380億3800万ドルと、会計基準の変更が響いて同3%減となった。

米司法省が阻止を求めて提訴したAT&Tによる米メディア大手タイムワーナーの買収計画を巡る裁判が現在続行中だが、今月30日に最終陳述が行われる予定という。16年10月に合意発表したタイムワーナーの買収総額は約854億ドル。25日の決算会見のなかで同社のジョン・スティーブンス最高財務責任者(CFO)は、「買収額の融資のメドはついており、裁判所の判断が出次第、買収手続きを完了できる準備は整っている」との見方を示した。

1株利益は同34%増の0.75ドル(前年同期は0.56ドル)だった。特殊要因を除くと0.85ドルと、市場予想(0.87ドル程度)を下回った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン