空き家再生でDIY提案 ホームセンターのフタガミ

2018/4/25 21:59
保存
共有
印刷
その他

高知県でホームセンター(HC)を約20店展開するフタガミ(南国市)は、DIYを取り入れて空き家を飲食店舗などに再生する事業に乗り出す。増加が続く空き家を有効活用する需要を取り込み、DIY資材の販売増にもつなげる。

フタガミのDIY提案で空き家をカフェに再生した(高知市のカワクボコーヒー)

住宅設計や改修を担当するイエリノ部と各HCの専門アドバイザーが連携して空き家の再生案件に対応する。デザイナーやアドバイザーが、オーナーの予算や好みに応じて手法や使用資材を提案する。必要に応じて現場で一緒に作業する。

高知市の空き家を活用した「カワクボコーヒー」をモデル例として内覧会を実施した。築約50年の木造2階建てをオーナーが中心になってDIYで再生することで費用を約250万円に抑えた。

フタガミはHCにDIY提案コーナーを設けてワークショップなどを開催している。イエリノ部の間城貴哉デザイナーは「DIYを一度経験することで楽しさを知ってもらい、資材購入のリピーターづくりにもつなげたい」としている。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]