/

この記事は会員限定です

アステラス、大型薬「イクスタンジ」に期待と不安

証券部 阿部真也

[有料会員限定]

アステラス製薬が26日に2018年3月期決算を発表する。巨額の買収交渉の話題で持ちきりの武田薬品工業の陰に隠れがちだが、収益力で武田をはるかに上回るアステラスは成長しているのか。見極めに欠かせないのが、株式市場の注目を一手に集める大型新薬の販売動向だ。

足元を見ると業績は減益基調だ。18年3月期の連結純利益(国際会計基準)は海外企業の買収による研究開発費の増加や米子会社の閉鎖などに伴う一時的な減損計上が響き、前の期比18%...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1001文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン