2019年1月17日(木)

三菱自、インドネシアをミニバンの輸出拠点に

2018/4/25 20:50
保存
共有
印刷
その他

【ジャカルタ=中藤玲】三菱自動車は25日、インドネシアで製造・販売しているミニバン型多目的車(MPV)「エクスパンダー」の海外輸出を始めた。インドネシア工場で新たに400人を雇用して月1万台と25%増産。2018年度はフィリピンを皮切りにタイやベトナムなど東南アジア全域に年3万台を輸出する。19年には日産自動車にも供給する。

三菱自は同日、首都ジャカルタ郊外の湾港で輸出式典を開いた。ジョコ大統領も出席し「投資と輸出が経済成長の鍵だ」と述べ、インドネシアが輸出のハブになることに期待感を示した。

エクスパンダーは外観は多目的スポーツ車(SUV)だが3列シート7人乗りのミニバンで、17年9月に同国で発売した。三菱自はMPVで後発だったが、力強いデザインや室内の広さが若者や大家族に受け、計画比2倍以上の6万6千台を受注するほどヒットしている。

輸出を踏まえ同国工場では新たに400人を雇用して3400人体制にし、今年7月からエクスパンダーを増産する。18年度は計10万台生産し、そのうち3万台を輸出に振り向ける。

同工場は17年4月に稼働し、SUV「パジェロスポーツ」も生産している。三菱自は20年3月期の東南アジアでの全販売台数を、17年3月期比5割増の31万台に引き上げる計画だ。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報