/

この記事は会員限定です

RCEP、年内合意のハードル高く タイはTPPに関心

ASEAN、同床異夢の貿易交渉

[有料会員限定]

【シンガポール=中野貴司】東南アジア諸国連合(ASEAN)の参加国間で、多国間貿易協定を巡る思惑の違いが目立ってきた。最優先課題である東アジア地域包括的経済連携(RCEP)の妥結のメドが立たないなかで、マレーシアなどがRCEPからインドなどを外す新たな枠組みを主張。タイは環太平洋経済連携協定(TPP)への参加に意欲を示す。

貿易を成長の源泉としてきたASEANが一致して自由貿易協定の推進役を果たさ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン