/

この記事は会員限定です

「子ども発明家」が日本を救う?国も知財教育で後押し

[有料会員限定]

中国に特許出願件数で追い抜かれるなど日本の創意工夫の力に悲観的な見方が増えている。ただ目をこらすと、大人顔負けの発想力を持ち合わせる子どもたちは多い。特許を取得する子ども発明家も生まれ、政府はアイデアの大切さを教えようと知財教育に力を入れる。もうすぐ「こどもの日」。真の知財立国を目指すうえで、子どもたちの自由な発想をいかに育てていくべきか。

生活の課題を発明に

 東京都の平林仁実さん(11)は小学5年生だった2017年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1607文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン