2018年8月16日(木)

神鋼データ改ざん 捜査の焦点は「虚偽の認識」

2018/4/25 17:24
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

 神戸製鋼所の品質検査データの改ざん問題で、東京地検と警視庁による捜査が始まった。日本の製造業の信頼を揺るがす事態が続くなか、重視したのは、ものづくりを巡る規範意識の欠如。顧客に示したデータを同社側が「虚偽」と認識していたかどうかを焦点に、改ざんの実態解明が進められる見通しだ。

 アルミや銅、鉄鋼製品の強度や厚み、反り具合――。神鋼は航空機や自動車、新幹線などにも使われる部材について、国内外にある2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報