/

東急ハンズ札幌店、移転開業 地元の限定商品に力

東急ハンズ札幌店は26日、東急百貨店札幌店に移転開業する。贈り物用の商品を集めた新しいコーナー「ギフトステーション」を設けたほか、北海道伊達市でつくられた藍染めのハンカチや同余市町の果物を使ったジャムなど、東急ハンズとしては同店舗のみの限定商品に力を入れた。

東急ハンズ札幌店では贈り物用の商品を集めたスペースを新たに設けた(札幌市)

新店舗は東急百貨店の8階と9階の一部に入り、買い回りしやすいようにした。東急ハンズ札幌店の森実正明店長は「通勤や通学、観光客など幅広いお客様に来てもらえたら」と話している。

東急百貨店札幌店には大規模リニューアルを期に移転した東急ハンズ札幌店以外に、道内企業とのコラボ店舗が複数出店する。サツドラホールディングス(HD)の新業態で専門スタッフがきめ細やかに相談に乗る店舗「ウェルネスサロンbyサツドラ」や、函館市の菓子店「スナッフルス」も26日に開業する。東急百貨店は高齢な女性が主要な客層だったが、大規模改装で若者や会社員など幅広い客層を取り込みたい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン