/

操縦席異常表示で緊急着陸 米軍F35、福岡の空自基地に

在日米海兵隊(司令部・沖縄)は25日、航空自衛隊築城基地(福岡県築上町)に24日に緊急着陸した最新鋭ステルス戦闘機F35Bは米軍岩国基地(山口県岩国市)所属と確認した上で、操縦席で異常を示す表示が出たため「操縦士が最も近い飛行場に着陸する決断をした」と説明した。

海兵隊は声明で「メンテナンス上の問題」が起きたための着陸場所の変更で、けが人や機体などへの損害はなかったとした。

防衛省九州防衛局によると、F35Bは25日午前も築城基地に駐機を続けた。同局の担当者は、米軍による点検や修理に関する情報は「入っていない」としている。

F35Bは24日午前11時ごろ、築城基地に緊急着陸した。防衛省によると、米軍のF35が、国内で米軍基地以外の場所に緊急着陸したのは初めて。F35Bは垂直離着陸が可能な海兵隊仕様で、昨年1月に岩国基地に配備された。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン