/

全日空、エコノミーに寝そべりシート ハワイ路線に導入

全日本空輸は25日、2019年春に東京―ホノルル路線で導入するエアバスの超大型機A380の機内仕様を決めたと発表した。隣接する3~4席のフットレストを上げて寝そべることができるカウチシートを日本勢で初導入するほか、ファーストクラスなども設置。最新鋭機でシェア奪取を狙う。ハワイ路線に強い競合の日本航空も強化策を打ち出しており、競争が激しくなりそうだ。

全日空が導入するA380は2階にファーストクラスが8席、ビジネスクラスが56席、プレミアムエコノミーが73席があり、1階はエコノミークラスが383席。合計の座席数は520席となる。全日空がホノルル路線にファーストクラスを設定するのは今回が初めてで、日本で初めてドアを装備した個室型シートとなる。

エコノミークラスの後方60席にはカウチシートを導入する。隣接する3~4席でフットレストを上げることで座席がフラットになる。子供と一緒に横たわったり足をくずしたりできる。専用の寝具も用意する。1~2人で3~4席のカウチシートを予約して横になるなど幅広い使い方ができそうだ。

着替えや化粧、おむつ替えなどで利用できる多目的ルームも設置。観光利用の多いホノルル線の特性に合わせた仕様にして、ファミリー層やカップルなど幅広い層の需要を取り込む考えだ。

ハワイは日本人にとって代表的なリゾート地だが、競合の日航が歴史的に強い。首都圏からホノルルへ向かう路線での全日空の座席数シェアは25%にとどまる。シェアを高めるための戦略的な機材と位置付けるA380の導入で20年をめどにシェアを40%まで引き上げる。A380は19年春以降3機導入する見通しだ。

一方日航もホノルル路線に加え、17年9月に成田―ハワイ・コナ路線を就航するなど強化策を打ち出している。18年3月にはハワイアン航空と共同運航(コードシェア)を始めたばかりだ。

ハワイアン航空はかつて共同運航などで全日空と提携していたが、提携相手を日航に切り替えた。日航とは共同運航から踏み込み、ダイヤ調整などでも連携する共同事業を視野に入れている。ハワイ路線を巡り航空大手のサービスや利便性、価格などの競争が本格化しそうだ。(志賀優一)

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:
業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン