/

武田、シャイアー買収で大筋合意か ロイター報道

【ロンドン=篠崎健太】武田薬品工業によるアイルランドの製薬大手シャイアーへの買収交渉を巡り、ロイター通信は24日、両者が大筋合意に達したと報じた。買収総額は7兆円に迫る規模とみられ、日本企業による海外M&A(合併・買収)として過去最大になる。25日中に合意内容について発表する見通しだという。

武田は3月下旬にシャイアー買収の意思を表明した。4月24日には5度目の条件を提示し、交渉は大詰めを迎えていた。最新の提示内容は明らかになっていないが、20日に示した4度目の条件では、シャイアーの企業価値を1株あたり47ポンド、総額432億ポンド(約6兆6千億円)と見積もっていた。

英国の企業買収規則により、武田は英国時間25日午後5時(日本時間26日午前1時)までに、正式な買収提案をするか表明しなければならない。ロイター通信は関係者の話として、買収手続きに向けた詳細な資産査定のため、交渉期限は延長される見通しだと伝えた。期限は買収対象企業の取締役会の要求を受け、英国のM&A自主規制機関が承認すれば延長できる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン