河野外相、次期米国務長官との早期会談に意欲

2018/4/25 2:08
保存
共有
印刷
その他

【ジュネーブ=細川倫太郎】河野太郎外相は24日、ポンペオ米中央情報局(CIA)長官が次期国務長官に就任する見通しになったことについて「米朝首脳会談の準備もあり、一刻も早く決まるのは歓迎したい。なるべく早く会談をしたい」と意欲を示した。その上で「様々な意見交換をし、信頼関係をつくっていきたい」と述べた。

ポンペオ氏の人事案は週内にも開かれる上院本会議で採決される。承認されれば正式に就任が決まる。

一方、河野氏は北朝鮮の非核化の達成目標時期についても言及。「トランプ政権のもとでゴールにたどりつく必要がある」と指摘し、2020年の米大統領選までに実現すべきだとの考えを表明した。訪問先のスイス・ジュネーブで記者団の質問に答えた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]