/

この記事は会員限定です

長野県教委、信州大などとプログラミング教育で協力

[有料会員限定]

長野県教育委員会は信州大学教育学部、米国のマサチューセッツ工科大学(MIT)メディアラボなどの協力を得て、小中学校でのプログラミング教育を先導する人材を育成する。2020年度から小学校でプログラミング教育が必修になるのを前に、創造的でわかりやすく楽しめる授業の構築や教え方、教材などを工夫できる教員を増やしていく。

小中学校の教員を、プログラミング教育の授業を設計する「デザインフェロー」として養成す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り738文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン