/

この記事は会員限定です

山形・蔵王に千本桜の街道を整備へ 茂吉の歌碑も20基に

[有料会員限定]

山形市の蔵王温泉で新たな魅力をつくる動きが始まった。街道沿いに千本の桜を植える「蔵王湯の郷さくら街道」。歴史的なつながりもある奈良県の「吉野の桜」のような景観を目指す息の長い取り組みだ。地元出身の歌人・斎藤茂吉の歌碑も各所に設置して周遊につなげる。県も2018年度に「世界の蔵王」を目指す推進事業を始め、山形の代表観光地の再生を図る。

桜が満開の山麓から蔵王温泉・スキー場へ向かう県道を上ると、所々に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1031文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン