/

この記事は会員限定です

魚のにおい、大豆の煮汁で抑制 食品加工センター

[有料会員限定]

北海道立総合研究機構の食品加工研究センター(江別市)は、大豆や小豆の煮汁などを使って魚のにおいを抑える新技術を開発した。においを抑えて食べやすくすることで付加価値を高め、新たな市場開拓を後押しする。新技術を活用して、道内の複数の水産会社が商品開発を進めている。

魚は水揚げから時間がたつほど独特のにおいが発生する。なかでも一夜干しを焼いたときに出るにおいは「魚臭い」と敬遠する人が多い。

食品加工研究...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り683文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン