/

富山駅前ビルが27日開業 東横イン・マンション・外食…

低層階には飲食店やカラオケ店などが入居する

富山駅前で建設を進めてきた再開発ビル「パティオさくら」が完成し、27日にグランドオープンする。東横インのビジネスホテル(314室)、タカラレーベンの分譲マンション(75戸)、富山大原簿記公務員医療専門学校の3棟で構成する。低層階には飲食店も入り、中心市街地のにぎわいにつながりそうだ。

事業主体は地権者でつくる市街地再開発組合。ホテルとマンションが18階建て、専門学校の入る棟が6階建てで、延べ床面積は約2万3000平方メートル。昨年、専門学校が先行開業していた。

専門学校とマンションの低層部に14のテナントが入る。このうち9店が飲食店で、県内初進出の飲食チェーン「串カツ田中」も入る。

同じ敷地内にある学校の学生が利用しやすいよう「居酒屋も含めて飲食店はすべてランチ時間も営業する」(テナント管理のリーシング エージェンシー=富山市)。個室のある居酒屋が多く、企業の歓送迎会などの需要も開拓したいという。テナントにはカラオケ店やアートギャラリーも名を連ねる。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン