/

この記事は会員限定です

世界の金利に上昇圧力 米10年債利回り3%乗せ

銀行間金利も急上昇

[有料会員限定]

世界的に金利への上昇圧力が強まってきた。多くの金融取引の基準となる米長期金利は節目となる3%台に乗せ、金融機関が短期の資金を融通し合う際の金利も上昇が鮮明だ。世界の中央銀行が金融緩和からの「出口」を探るなかで、資源高を受けてインフレ懸念が強まり、米財政も急速に悪化している。金利上昇が過度に進むようだと、実体経済に悪影響が及ぶ恐れがある。

米長期金利の指標である10年物国債利回りは24日、2014年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1007文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン