公立校教員の定数適正化を、経済財政諮問会議

経済
2018/4/24 19:10
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

政府の経済財政諮問会議は24日、教育分野の歳出改革を議論した。若年層の人口が減る中、民間議員が公立校の教職員定数について「予算の裏付けのある中期見通し」を年度内にまとめるよう主張した。教職員の数を抑制して歳出改革につなげる狙いだ。

議長の安倍晋三首相は「客観的データに基づきメリハリのきいた予算配分を進めていく必要がある」とし、関係大臣に具体的な検討を指示した。

民間議員の資料によると、6~21歳…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]