2019年5月21日(火)

法人統合は「時代の流れ」 名大学長、会見で意欲

2018/4/24 20:00
保存
共有
印刷
その他

名古屋大学の松尾清一学長は24日の定例記者会見で、岐阜大学と運営法人の統合に向けて協議を始めたことについて、「時代の流れだ」と述べ、「早く(法人統合の)良い典型を作りたい」と意気込みを語った。

現時点で岐阜大のほかに協議への参加の意向を示している国立大はないが、松尾学長は「一緒にやりたい大学には積極的に協議に加わってほしい」と参加を求め、情報発信に力を入れるとした。

名大と岐阜大は4月18日、法人統合に向けた初協議を開催。今年度内の合意を目指すことを確認した。松尾学長は会見で「スピード感は重視したい」と強調。必要な法改正を受けて早ければ2020年度にも法人統合を実現させたい考えも示した。

名大などの構想では、東海国立大学機構(仮称)を設立し、両大学が傘下に入る「アンブレラ方式」を採る。大学名や学部、学科などはそのまま残す方針だ。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報