/

天皇賞の代名詞 唯一無二の「盾」の秘密

あす29日、京都競馬場で第157回天皇賞・春が行われます。年に2回、春秋(秋は東京競馬場での開催)に行われるこのレースは1937年(昭和12年)秋が第1回とされ、80年近い歴史を刻んでいます。そして、天皇賞の代名詞としてよく用いられるのが「盾」です。天皇賞を10勝し、昭和の競馬史に多大な貢献をした保田隆芳元騎手は「盾男(天皇賞男)」と呼ばれ、28日現在で天皇賞を14勝している武豊騎手も当初は「平成の盾男」の異名がありました。いずれも表彰式の際に優勝馬主へ下賜される、いわゆる天皇盾からきているものです。国内のレースで盾が手渡されるのは天皇賞だけ。そこで今回は天皇盾の秘密にクローズアップしていきます。

天皇盾は移動の際も厳重な手順で運ばれる

現在、馬主に下賜される天皇盾の正式名称は「御紋付楯」です。縦56センチ、横(最長部)49.5センチの木材(ラワン材)でできた板に「競馬恩賞」の文字が板金ではめ込まれ、その上部に鋳物で金メッキされた菊の御紋章が輝いています。盾は天皇陛下から賜った唯一無二のものであるため、敬意を表して素手では取り扱わないことになっており、表彰式で馬主は白い手袋をして受け取ります。これが他のレースとの大きな違いです。表彰式をご覧になる機会がある方はぜひご注目ください。

現在の盾、70年前から使用

実は、レースの御下賜品として盾が最初から使用されていたわけではありません。ここからは御下賜品の変遷をひもといていきます。日本中央競馬会(JRA)が2005年に発行した記念誌「天皇賞競走100年の記録」(非売品)によりますと、記録がある中で最も古い御下賜品は明治時代の天覧競馬に遡ります。1875年(明治8年)12月19日、競馬に出場した軍馬局出張員らにはミカンとぶどう酒が、翌年7月には馬見所を新築した商人に200円と大杯が下賜されました。その後も天皇のお好みに合わせた競馬が行われた際には、花瓶や織物などが騎手への賞品となりました。

京都競馬場のパドックには天皇賞・春の開催を告げる横断幕が準備されている

一方、馬主への御下賜品は、1880年(明治13年)春の横浜競馬での花瓶(金銀銅像嵌銅製花瓶一対)が現存する最古のものとなります。品はそのほか、銀製サラダ椀、銅製の馬象など多岐にわたりました。1902年(明治35年)年ごろからは、宮内省御用達職人の鍛金家による御紋付きの花盛鉢や花盛器が中心となりました。1918年(大正7年)ごろからは三越、天賞堂、サムライ商会など宝飾品を扱う商社や美術商による制作に変わりました。菊の御紋の周りに「競馬恩賞」の文字が刻印されるようになったのは当時のことです。大正末期から昭和にかけては、御紋付きの洋杯に切り替えられました。

昭和に入ると、日本は戦争に突き進み、国際情勢は緊迫の度を増していきます。日本は米国や欧州諸国による経済封鎖が敷かれ、国内では様々な物資が不足するようになりました。これに伴い金属製品も統制を受け、41年(昭和16年)に御下賜品は木製の盾になりました。盾は文化勲章メダルなどの制作も手がけた東京高等工芸学校の教授・畑正吉がデザインし、鋳物師・持田増次郎が金物を制作しました。これが現在の盾の原型になります。47年(昭和22年)春、「平和賞」の名で行われた際には賞品の下賜がありませんでしたが、同年秋には盾に戻りました。このときから盾は持ち回りとなり、馬主にはJRAが制作した盾の複製品(本物の3分の2ほどの大きさ)が与えられることになります。つまり、現在の盾は47年から使用されているものなのです。

京都の芝コースのゴールポストも天皇賞仕様になっている

職員が輸送、細心の注意

では、盾は普段どこに保管され、どのように管理されているのでしょうか。レースの賞品の管理や購入を行うJRA京都競馬場総務課の坂上英樹・会計担当課長によると、盾はレースが行われた競馬場内の金庫に厳重に保管されているということです。次の開催が近づくと、もう一方の競馬場に移動させます。たとえば、秋に東京競馬場でレースが行われた後は東京に半年ほど保管され、春の京都でのレースに向けて1カ月から2週間ほど前に輸送するという流れです。毎年、東京と京都の競馬場を交互に盾が行き交うことになります。今回の場合、レース11日前の18日に京都競馬場に到着しました。

唯一無二の盾で保険は利かないため、輸送は外部の業者に依頼せず、総務課の職員が直接取りに向かいます。しかも慎重を期すために必ず複数(多くの場合2人)で行います。東京―京都間は新幹線、それ以外の行程は全てタクシー移動です。丁重に扱わなくてはならないため、輸送中も気を抜けません。新幹線内では3人掛けの真ん中の席に置き、両隣を職員が挟みます。他の乗客の迷惑にならないよう、あまり混雑しない昼の時間帯に乗車するということです。タクシーでも職員が盾を膝の上に乗せ、抱えて持っていきます。当然、床に置いたりトランクに入れたりといったぞんざいな扱いは許されません。輸送の際にはやはり「緊張します」と坂上課長。代々受け継がれてきた輸送手法ということで、若い職員への教育は徹底しているそうです。

既に芝コースのゴール板は天皇賞仕様になり、場内の入場門やパドックにも天皇賞を示す大きな幕が張られ、舞台は整いました。栄光の天皇盾を手にするのはどの馬主でしょうか。盾の重さは約5キロ。門外不出だけに筆者ももちろん、自らの手でその重みを実感することはできませんでした。勝者だけが手にできる重みは、実際の数値以上の手応えなのかもしれません。

(ラジオNIKKEIアナウンサー 米田元気)

 各アナウンサーが出演、ラジオNIKKEIの競馬番組はこちらでチェック! http://www.radionikkei.jp/keibaradio2/

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン