/

この記事は会員限定です

海賊サイト遮断、喝采と批判 ネット時代の法制に死角

[有料会員限定]

NTTグループによる「海賊版サイト」に対する接続遮断(ブロッキング)が波紋を広げている。コンテンツ育成の観点からは、悪質な著作権侵害が見受けられるサイトへの規制を歓迎する声が上がる。一方で、政府が指定したサイトへの遮断に安易に応じる行為を疑問視する見方もある。インターネット時代のコンテンツ管理のあり方が問われている。

知財本部の「緊急対策」に呼応

ブロッキングはNTTグループでネット接続を手掛ける3社が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1692文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン