2019年7月20日(土)

パナソニック、京都のデザイン拠点を公開

2018/4/24 18:09
保存
共有
印刷
その他

パナソニックは24日、4月に京都市に開設した家電のデザイン開発拠点「パナソニックデザイン京都」を報道陣に公開した。これまで地域や家電の種類ごとに分かれていた家電のデザイン部隊を集約し、戦略的に家電のデザインを決めるとともに開発スピードを速める。

拠点を京都に集約し、外部とも積極的に協業する

「パナソニックデザイン京都」の、ワークショップを開催できるフロア(24日、京都市)=共同

拠点は京都市営地下鉄四条駅のそばに設けた。これまで滋賀県や大阪府に分散していたデザイン部隊を統合。パナソニックの家電部門に在籍する国内外のデザイナー200人のうち、150人が集まる。国内向けや一部の海外向けの家電のデザインを、全て京都の拠点で手掛ける体制に移行した。

拠点では京都大学と提携し、建築学や心理学などの知見を製品のデザインに生かす。知名度の高い京都の地名を使い、世界中の優れたデザイナーの採用にも力を入れる。

家電を手掛ける同社の社内カンパニー「アプライアンス社」の本間哲朗社長は「社会に開かれ、多くの人たちとコラボレーションしていく空間にしたい」と話した。

パナソニックは2015年から京都の伝統工芸職人らと共同で家電製品の開発に取り組んでいる。パナソニックは24日、この取り組みで生まれた茶筒をイメージした真ちゅう製のスピーカーを19年春をめどに発売することも発表した。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。