/

この記事は会員限定です

変わりゆく辺野古の海 移設着工1年、住民の思い複雑

沖縄の選択2018

[有料会員限定]

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の移設先となる名護市辺野古沖での護岸埋め立て工事は、25日で開始1年を迎える。政府と県の終わりの見えない対立をよそに、現場では着々と工事が進み、新たな護岸が次々と姿を現している。変わっていく海を前に、地元住民らの思いも複雑に交錯している。

「まだ名前すら付いていない生き物たちが死んでしまうかもしれない……」。護岸工事が進む辺野古地区に面する大浦湾で、20年近く潜り続...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1015文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン