プロ野球

故・衣笠祥雄さん 気は優しくて力持ち

2018/4/24 17:27
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

飯田徳治選手(南海=現ソフトバンクなど)の記録を破る、連続1247試合出場の日本新を打ち立てたのが1980年8月。やがて世界記録まで伸びることになるが、折り返し点をすぎたばかりの日本記録でも、気の遠くなる数字だった。

ドーム球場のない時代、日本新がかかってから雨が続き、試合が流れた。時間がかかるほど、体調維持も難しくなる。「これまでは自分の体を怖いと思わなかったけれど、今度だけは試合を待つ間、体…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップスポーツトップ

プロ野球 一覧

 ヤクルトの高津臣吾新監督は15日、東京都内の球団事務所でスカウト会議に参加し、17日のドラフト会議で石川・星稜高の奥川恭伸投手を1位指名することを明らかにした。「投手事情を考えるとスワローズの弱点は …続き (15日 19:37)

 ロッテは15日、千葉市のZOZOマリンスタジアムでスカウト会議を開き、17日のドラフト会議で岩手・大船渡高の佐々木朗希投手を1位指名することを決めた。最速163キロの剛速球を武器にする高校生投手に、 …続き (15日 19:17)

 楽天は15日、今江年晶内野手(36)が今季限りで現役を引退すると発表した。18日に引退記者会見を行う。今江は来季の戦力構想から外れたが、現役続行を希望して他球団からのオファーを待っていた。楽天からコ …続き (15日 19:17)

ハイライト・スポーツ

[PR]