/

「加熱式、周辺への悪影響確認されず」PMIが試験

米フィリップ・モリス・インターナショナル(PMI)の日本法人は24日、加熱式たばこ「アイコス」の周辺環境への影響に関する研究結果を公表した。日常生活の環境を想定した臨床試験では、アイコスの使用によるニコチンなどの関連物質の周辺への悪影響は確認されなかったという。

PMIの加熱式たばこ「アイコス」

同日に東京都内で開いた説明会で発表した。臨床試験は東京慈恵会医科大学などの協力のもと、2017年11月30日~12月13日にかけて実施。紙巻きたばこの利用者、アイコスの利用者、非喫煙者ら397人が参加した。

レストランで実施した試験では、アイコスの利用者が吐き出す蒸気による室内の空気環境の変化を調査。ニコチンなど排出物質の量は利用後も、米食品医薬品局(FDA)が規定する基準を下回る結果となった。加えて、参加した非喫煙者の尿を試験の前後で比較したところ、使用環境下にいてもニコチンの含有量などはほとんど変わらなかったという。

加熱式は、利用者が吸う蒸気に発がん性物質が含まれているとして、政府は受動喫煙対策の規制対象に加えている。ただ「受動喫煙は利用者が吐き出す煙や蒸気の有害物質の有無を議論の対象とすべき」との指摘もある。同社の井上哲副社長は「引き続き科学的評価を積み重ねていく」と述べた。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン