ヤマエ久野、イタリアに日本食売り場
5年後100店目指す

2018/4/25 1:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

食品卸大手のヤマエ久野はイタリアのスーパー内に日本食品の売り場を開設した。同社が海外に出店するのは初めて。少子高齢化などで国内市場の成長が見込みにくいなか、海外事業を育成し、会社全体の成長につなげる。5年後の2023年に欧州を中心に海外で100店体制にすることを目指す。

20日、イタリアの小売り最大手コープイタリアが運営するスーパーに売り場を開設。同国北部のミラノに続き、5月中旬にはトリノにも展…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]