/

この記事は会員限定です

お生まれはどちら? 山本貴光

[有料会員限定]

「お生まれはどちらですか」とお尋ねいただくと、とっさに答えられずに「ええと」と固まってしまう。特に複雑な事情があるわけではないのだけれど、ここが自分の生まれ故郷という感覚がないものだから、頭のなかで「生まれたのは……」と確認のワンクッションが入る。

なぜ郷里の意識が薄いのか。理由は簡単で、小学生の時分に2度の引っ越しをしているためだ。学校も2度転校している勘定で、土地の記憶と結びつくような幼なじみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン