2018年10月18日(木)

離乳食素早く作る器具 リッチェル、ボトル型で食材加工

2018/4/23 21:37
保存
共有
印刷
その他

ベビー用品やプラスチック製品製造のリッチェル(富山市)は23日、赤ちゃんの成長段階に応じた離乳食を素早く簡単に作れるボトル型の調理セットを5月1日に発売すると発表した。こし器やブレンダーなどが付いており、これらの付属品を使いわけることで食材のやわらかさや形状を変えられる。共働き世帯の増加に対応する。

付属品を使いわけることで食材のやわらかさを調整できる

「離乳食らくらく時短調理セット」にはこのほかすり鉢や、すり棒、さいの目プレートが付く。利用者はまず野菜をはじめとした食材を輪切りなど大まかに切り、水の入ったボトルの中に入れる。電子レンジで数分あたためた後、例えばとろとろの状態にしたい時にはこし器とすり鉢を使ってすりつぶす。

さいの目プレートを使えば1センチメートル角程度のブロック状にもできる。同社の担当者は「生後5カ月ごろから12カ月ごろまでの離乳食を1つのセットで作れる」と話す。包丁で細かく刻んだり、さいの目プレートやすり鉢といった器具をバラバラに買い集めたりする負担が減らせるという。

価格は3000円(税別)。一連の調理グッズをボトルに重ねて収納できる利便性もPRし、同社のウェブサイトや全国のベビー用品専門店で販売する。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報