2019年6月25日(火)

セクハラ録音は「犯罪」 下村元文科相、撤回し謝罪

2018/4/23 20:37
保存
共有
印刷
その他

自民党の下村博文元文部科学相はセクハラが疑われている福田淳一財務次官の発言をテレビ朝日の女性社員が録音して週刊誌に渡したことについて「ある意味で犯罪だ」と22日の講演会で述べた。共産党機関紙「しんぶん赤旗」が23日付朝刊で報じ、音声データを同日公表した。下村氏は事実を認め「表現が不適切だった。撤回し謝罪する」とのコメントを出した。

共産党の小池晃書記局長は記者会見で「告発した被害者を犯罪者扱いしている。徹底的に追及する」と批判した。他の野党も問題視している。

音声データによると、下村氏は聴衆との質疑応答の中で「確かに福田事務次官がとんでもない発言をしてるかもしれないけど、そんなの隠しとっておいて、テレビ局の人が週刊誌に売ること自体がはめられてますよ。ある意味犯罪だと思う。福田さんの問題だけども財務省問題ですよね」と発言した。

下村氏はコメントで「オフレコの場での会話を隠し録音することは取材倫理違反だ」と指摘。その上で「女性記者がはなから週刊誌に提供する意図で隠し録音をしていたのではないかという疑念が生じた。このような懸念を伝えたかった」と発言の理由を説明した。

これに関し、立憲民主党の辻元清美国対委員長は「(自民党側は)そういうキャンペーンを張りたいのではないか。あの録音テープを聴いたら、はめられたかどうかは関係ない」と記者団に強調した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報