/

チェーンなしは通行制限 警報級の大雪、国交省

国土交通省は23日、警報発令レベルの大雪が降った場合、高速道路や国道などでタイヤチェーンを装着していない自動車の走行を制限する方針を決めた。積雪時にチェーンを巻かず、冬用タイヤだけで走行する車の立ち往生が目立つため。規制手順を高速道路会社などと調整し、来冬にも始める考えだ。

有識者検討会が23日にまとめた中間報告に盛り込んだ。

具体的には、警報級の大雪時に冬用タイヤであってもチェーンをしていない自動車の通行は全て制限し、さらに降雪が増えれば通行止めにする。チェーンをせずに大規模な立ち往生を引き起こした場合、高速道路の利用が多い運送業者のトラックなどに適用している割引制度を停止するなど、一定のペナルティーを科すことも検討する。

雪が大量に積もる前に車の流入をいったん止め、集中的に除雪する「予防的通行止め」も導入。運送業者らには国が事前にメールなどで対象区間を知らせ、回り道をするよう呼び掛ける。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン