英王室のキャサリン妃、第3子の男児出産

2018/4/23 19:30 (2018/4/23 22:05更新)
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=共同】英王室のウィリアム王子(35)の妻キャサリン妃(36)は23日、ロンドン市内のセント・メアリー病院で第3子となる男児を出産した。王位継承順位5位となる。王室が発表した。

キャサリン妃は陣痛を訴え、同日朝から入院していた。生まれたのは午前11時1分(日本時間午後7時1分)で、体重は約3800グラム。ウィリアム王子が立ち会った。母子共に健康という。

夫妻は2011年に結婚。長男ジョージ王子(4)が13年7月、長女シャーロット王女(2)が15年5月に生まれた。王室は昨年9月にキャサリン妃の第3子妊娠を発表していた。

セント・メアリー病院は故ダイアナ元皇太子妃がウィリアム王子とヘンリー王子(33)を出産したことでも知られ、ジョージ王子とシャーロット王女も同病院で生まれた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]