/

海賊版3サイトへの接続遮断実施へ、NTTグループ

NTTグループは23日、漫画やアニメを作者に無断で掲載する「海賊版サイト」に対して、接続の遮断(ブロッキング)を実施すると発表した。政府がブロッキングのための法整備に乗り出す方針を決めたのを受けた措置。海賊版サイトへの接続遮断は、業界団体や法学者から反対意見が出ている。NTTグループの判断は波紋を呼びそうだ。

接続遮断を実施するのは、NTTグループ傘下でインターネット接続サービスを提供しているNTTコミュニケーションズ、NTTドコモ、NTTぷららの3社。「法制度が整備されるまでの短期的な緊急措置として、政府が指定した海賊版3サイトへの接続遮断を、準備が整い次第実施する」としている。

対象は政府が緊急対策として接続遮断が適当とした「漫画村」など3サイト。23日現在、閲覧できなくなっており、運営者側が閉鎖に動いた可能性がある。NTTグループは、「サイトが閉鎖したかどうかは電気通信事業者として判断できない。この状態でも政府が指定した3サイトに対して接続遮断を実施する」と語る。

海賊版サイトへの接続遮断は、出版社や日本漫画家協会などは歓迎のコメントを出した。一方、接続事業者の業界団体、インターネットプロバイダー協会(東京・渋谷)などからは、「法的根拠がなく、国民の理解を得られるとは思えない」と反論が出ている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン