/

この記事は会員限定です

「地面師」暗躍許す土壌 背景に地価上昇と高齢化

[有料会員限定]

地主になりすまし、架空の土地取引を持ち掛けては多額の代金をだまし取る――。バブル期に被害が多発した「地面師」による詐欺への警戒が広がっている。再び目立つ暗躍の裏には都市圏で地価の上昇が続く一方、所有者の高齢化で放置されたままの土地が増えたことがある。著名企業も標的となる中、専門家は取引時の本人確認の徹底を求めている。

「地主の息子がギャンブルで借金し、返済のため土地を売りたがっているそうだ」。20...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1391文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン