/

この記事は会員限定です

孫氏の10兆円ファンドが抱える利益相反の火種

ガバナンスの掟

[有料会員限定]

ソフトバンクグループが投資事業を加速している。話題の10兆円ファンド「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」はアラブの石油マネーやアップルなどの事業会社、複数の大手投資家から資金を集め、これまでの世界のベンチャーキャピタルファンドの総資金量を上回る巨大さだ。ただ、従来のベンチャー投資の生態系をひっくり返すような孫正義社長の投資戦略には、ガバナンスの禁じ手である利益相反という火種もくすぶる。

怪獣のよう

「まるで3つの頭を持つキングギドラ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン