2019年2月23日(土)

「いきなりエイズ」いまだに下がらず

2018/4/23 18:00
保存
共有
印刷
その他

日経メディカルオンライン

厚生労働省の厚生科学審議会感染症部会エイズ・性感染症に関する小委員会で、2017年度のHIV・後天性免疫不全症候群(AIDS、エイズ)速報値が2018年4月17日に報告された。2017年度における新規HIV感染者(AIDS未発症者)の報告数は2016年の1011件から微減の992件、感染に気が付かないままAIDSを発症した患者の報告数も2016年の437件から微減の415件で、いずれもこの10年では最も少ない報告数となった。

一方、新規HIV感染者およびAIDS患者の合計数のうち、新規AIDS患者の占める割合は「いきなりAIDS率」と呼ばれるが、この値の2017年度の速報値は29.5%と、この10年横ばいのまま。これまでもHIV感染者の早期発見の重要性が強調されてきたが、いまだに多くが見逃されている現状が明らかになった。

発生動向報告に加え、本委員会では2018年1月に改定された「後天性免疫不全症候群に関する特定感染症予防指針」についても報告された。改定指針では、HIV感染の早期発見のためにも医療従事者は、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス感染症、尖圭コンジローマ、梅毒、淋菌感染症、B型肝炎、アメーバ赤痢等の性感染症の罹患が疑われる者に対して、積極的にHIV検査を実施する必要があることが追記された。

また委員会では、発生動向の調査および分析の強化案として、2019年1月から発生届の届出事項にCD4値を追加することが了承された。CD4値は、HIV陽性者の免疫力を反映する指標で、CD4値は感染者のほとんどでHIV感染症の進行とともに減少していく。診断時のCD4値を国内全体で収集し継続的に変化を追うことで、国内におけるHIV感染症の早期診断の推進度合いを把握できる可能性がある。

(日経メディカル 本吉葵)

[日経メディカルオンライン 2018年4月20日掲載]

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報