/

静岡銀行の次期勘定系、2度目の稼働延期を発表

日経クロステック

静岡銀行日立製作所は基幹系の次期システムである「次世代システム」の稼働時期について、2020年度中を目標とすると2018年4月20日、発表した。これまで2019年1月の稼働を目指していたため、最大で2年以上遅れる可能性がある。稼働時期の延期は今回で2度目。

稼働延期の理由について、静岡銀行は「十分なテストを進めて安定稼働を目指すため」(広報)と説明する。十分なテストが必要になった背景について両社は、2018年度から2019年度にかけての全銀システム(全国銀行データ通信システム)の稼働時間延長、消費税法や休眠預金活用法などの法令改正、新元号対応などを挙げる。

静岡銀行と日立は2014年1月時点で2017年の稼働を目指していた。だが、同行は2015年11月に公表した決算資料で、稼働時期を2019年1月まで遅らせると明らかにした。

日立は預金や為替、融資などの記帳決済系システムをパッケージソフト化する予定で、京葉銀行が同ソフトの採用を表明している。日立は「パッケージソフトとしての提供は2018年度中を目指す」(広報)と説明する。京葉銀行は静岡銀行のプロジェクトの動向を踏まえたうえで、稼働時期を検討していくという。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 岡田薫)

[日経 xTECH 2018年4月20日掲載]

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン