沖縄市長選で桑江氏再選 翁長氏支援の新人破る
投票率は過去最低

2018/4/22 23:00 (2018/4/23 12:28更新)
保存
共有
印刷
その他

任期満了に伴う沖縄県沖縄市長選が22日投開票され、無所属現職の桑江朝千夫氏(62)=自民、公明、維新推薦=が、無所属新人で元市議の諸見里宏美氏(56)=希望、民進、共産、自由、社民、沖縄社大推薦=を破り、再選を果たした。安倍政権が支援する桑江氏と、翁長雄志知事が推す諸見里氏による「代理対決」の構図だった。投票率は47.27%で過去最低。

沖縄市は県内で那覇市に次ぎ人口が多い市で、沖縄市選挙管理委員会によると、当日有権者数は10万7710人。米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設を巡り政権と対立する翁長氏の支持派は、大票田での敗北で、秋の知事選に向け態勢の立て直しを迫られそうだ。

県内では今年に入り、今回と同様に政権と翁長氏がそれぞれ支援する候補による対決となった3市長選で、1月の南城市長選では翁長氏支援候補が勝利したが、2~3月の名護と石垣両市長選は政権支援候補が連勝した。

当 32761桑江朝千夫 無現

17609諸見里宏美 無新

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]