/

この記事は会員限定です

中国で独禁法審査 東芝メモリに迫る期限

[有料会員限定]

東芝の半導体メモリー事業の売却計画を巡る情勢が不透明感を増してきた。長引いていた中国での独占禁止法の審査が5月28日に最終期限を迎えることが分かった。承認が下りるかは予断を許さない状況で、東芝も中国当局の動向をにらみながら複数の代替案を検討し始めた。再建問題に直結する半導体子会社「東芝メモリ」を巡り、3つのシナリオが浮上する。

シナリオ1 当局から承認

東芝は20日までに主要取引銀行団に対し「メモリーを売却できない場合の代替策...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン