2019年8月21日(水)

中国で独禁法審査 東芝メモリに迫る期限

2018/4/22 22:19
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

東芝の半導体メモリー事業の売却計画を巡る情勢が不透明感を増してきた。長引いていた中国での独占禁止法の審査が5月28日に最終期限を迎えることが分かった。承認が下りるかは予断を許さない状況で、東芝も中国当局の動向をにらみながら複数の代替案を検討し始めた。再建問題に直結する半導体子会社「東芝メモリ」を巡り、3つのシナリオが浮上する。

■シナリオ1 当局から承認

東芝は20日までに主要取引銀行団に対し「メ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。