/

この記事は会員限定です

100年後 花粉ない春に 新品種のスギ、植林進む

(センサー)

[有料会員限定]

春先、多くの人を悩ますスギ花粉が飛ばなくなる日が来るかもしれない。無花粉、少花粉の苗木の植林が進む。スギの人工林は国土の約1割を占め、完全に植え替えるには100年単位の歳月が必要。国民病ともいわれる花粉症の原因を断つ息の長い取り組みが静かに始まっていた。

3月の晴れた日、東京・多摩の森にチェーンソーの轟音(ごうおん)が響き、樹齢60年を超える高さ10メートル以上の巨大なスギの木がなぎ倒された。巻き...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り998文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン