/

この記事は会員限定です

東電、発電所にAI 排ガス1割削減

[有料会員限定]

東京電力ホールディングスは火力発電所に人工知能(AI)による運転支援を導入する。福島県の発電所で実証試験をしたところ排ガスを約1割削減できたほか発電効率が高まりコストの抑制効果が得られた。今後、他の発電所に段階的に導入を広げるほか、システムの海外輸出も検討する。

火力発電所ではボイラーに空気や石炭の粉末をふき込む装置の角度を、運転員が経験に基づいて調整する。広野火力発電所(福島県)での実証実験では過去2年分の運転と燃焼の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り253文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン