/

ハリル氏が再来日、涙も 「捨てられた」と心情

サッカー日本代表の監督を成績不振などの理由で解任されたバヒド・ハリルホジッチ氏(65)が21日、羽田空港に再来日し、記者の問いかけに涙を浮かべて「私を追いやって、ごみ箱に捨てたようなものだ」と日本サッカー協会に対する心情を吐露した。

再来日したハリルホジッチ氏=共同

ワールドカップ(W杯)ロシア大会を約2カ月後に控えた7日、パリで日本協会の田嶋幸三会長から解任を告げられて以降、初めて日本で口を開いた。「いつも日本に来ることは喜びだったが、今回の状況は特別なものだ」と悲しげに切り出し、涙をサングラスで隠しながら「何が起きているのか、まだ理解ができていない。真実を探しに来た」と言葉をつなげた。

空港には100人を超す報道陣が詰めかけた。27日には東京都内で記者会見を開く予定で「誇りを傷つけるようなこととは闘わないといけない。私は、まだ終わってはいない」と言い残し、空港を後にした。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン