/

愛知の女性がはしかに 沖縄旅行の男性から感染か

名古屋市は21日、沖縄県を旅行してはしかに感染した10代男性が受診した同市昭和区の病院で勤務する30代女性が、はしかに感染したことが判明したと発表した。男性から女性に感染が広がったとみて注意を呼び掛けている。

はしかは沖縄県で感染者が増えており、厚生労働省は11日、他県にも広がる恐れがあるとして、医療機関に注意喚起するよう全国の自治体に通知していた。

はしかの潜伏期間は10~12日ほど。名古屋市によると、男性は3月28日~4月2日に沖縄県を旅行。埼玉県の学校に通学中の同月6日に症状が始まり、翌日、新幹線を利用して名古屋市に帰省した。昭和区の病院は9日に受診しており、女性は18日に高熱を出して発症した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン