2018年7月21日(土)

石破氏「風当たり強い」 野党は麻生氏辞任迫る

2018/4/21 21:13
保存
共有
印刷
その他

 自民党の石破茂元幹事長は21日、森友、加計学園問題や福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑など一連の政府の不祥事に関し「経験したことのない風当たりの強さだ」と危機感を表明した。一方、野党は「与党は審議できる状況を整えていない」(立憲民主党の枝野幸男代表)として、麻生太郎副総理兼財務相の辞任などが認められなければ、国会審議に応じられないと改めて強調した。

自民党憲法改正推進本部の会合に臨む石破元幹事長(3月、党本部)

自民党憲法改正推進本部の会合に臨む石破元幹事長(3月、党本部)

 石破氏は岩手県釜石市で記者団の質問に答え「時間がたてば国民は忘れるだろうとは、間違っても思ってはいけないし、国民をなめてはいけない」とくぎを刺した。「政権が続く限り支えるのは当たり前だ」とした上で、政権に注文や苦言を呈することを「『後ろから鉄砲を撃つ』などと封鎖するのは健全と思わない」と指摘した。

 枝野氏は札幌市で記者団に「首相が『うみを出し切る』と言うなら具体的行動を示すべきだ。ボールは与党側にある」と述べた。希望の党の玉木雄一郎代表はセクハラ疑惑発覚後の財務省対応の不手際に「麻生氏辞任は免れない」とした。神奈川県厚木市で記者団に語った。

 民進党の増子輝彦幹事長も「6野党の申し入れに与党はゼロ回答だ。現時点で審議に応じられないのは当然だ」と金沢市で記者団に話した。

〔共同〕

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報