北朝鮮 米との密接な交渉を示唆
平岩俊司南山大教授

2018/4/21 14:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が20日に核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射の中止を表明したことについて、有識者に見方を聞いた。

南山大学総合政策学部の平岩俊司教授

 北朝鮮の発表は、米朝間の密接なやり取りの結果だと感じる。北朝鮮は米国側から南北、米朝の首脳会談前に非核化の方向に向けた何らかの姿勢を示すことを求められたのではないか。トランプ米大統領がツイッターで肯定的に反応したのが…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]